重要文書を廃棄する際の対策

今更聞けない重要文書を廃棄する際の対策

重要文書を廃棄する際の対策 社外秘のマニュアルや機密性の高い重要文書は、正しく廃棄しなければいけません。
ライバル企業や悪意を持つ第三者に、それらが渡ってしまうと甚大な被害を受けかねません。
ハッキングやコンピューターウイルスへの備えも大事ですが、アナログの重要文書の廃棄も極めて重要です。
社員が地元の人間で、まるで家族のような優しい雰囲気がある組織は、その性質上、重要文書の管理と廃棄が疎かになりやすいです。
社員同士の結びつきが強く、信頼感が厚いため、社外秘のファイルやマニュアルを普通に机に放置していても普段はリスクにならないため、ついつい廃棄の段階になっても、ゆるい意識が抜けきらず、重要文書をそのまま破壊したり、加工したりせずに捨ててしまいます。
機密性が高い書類を捨てる際は、必ず業務用シュレッダーを通しましょう。
シュレッダーを通す事で千切りキャベツのような状態になりますので、その対策さえ施しておけば、社外秘の文書の内容が流出する恐れはありません。
顧客名簿やクライアントの情報、就活生のデータなども一種の機密文書であり、同様にシュレッダーが必須です。
明らかに業務用とはいえシュレッダーに通せない、大量の文書を破棄しなければいけない時は地元の専門業者に相談しましょう。
山積した大量の機密文書も外部委託すれば、プロの手腕で完璧に破壊してから破棄してくれますので、昨今何かと話題の情報流出事件を起こさずに済みます。

重要文書の廃棄処理会社への依頼の仕方

廃棄処理会社への依頼 法人組織内ではさまざまな文書が作成され、保管されていますが、保管期限を過ぎた場合や不要になった場合には廃棄処分が行われることがほとんどです。
書類の中には一般的な文書もありますが、中には組織の存亡に大きくかかわるような重要な情報が記載されているものも含まれている場合が少なくありません。
こうした重要文書を処分するサインは、廃棄処理会社へ依頼する際にもその旨をきちんと伝えておく必要があります。
一般的な書類の処分方法としては断裁処分や焼却処分などがありますが、重要書類の場合にはそうした方法では十分に安全性を担保できないという不安を感じる文書担当者も少なくありません。
そのため処分を依頼する際には重要文書が含まれていることをきちんと伝え、それに合った処分方法を提案してもらうことが大切だといえます。
最近では重要文書の処分を行う際に、溶解処理を利用するところも増えています。
また処分終了後にはきちんと処分が行われたことを証明するレポートを発行してくれるサービスもあります。
重要書類は保管の際にも施錠管理などの配慮が必要ですが、廃棄する際にも十分に注意を払う必要があります。
そのため廃棄処理会社へ依頼する際にもきちんとその旨を伝え、処分方法についても相談することが大切だといえるでしょう。

今更聞けない重要文書を廃棄する際の対策

機密文書や重要書類の廃棄・溶解・処分の定期回収・臨時回収を行ってくれます

重要文書 廃棄 東京